排水管更生で老朽化した排水管を蘇らせましょう

建物の老朽化も問題ですが、その前に排水管の老朽化が進みます。目に見えないため中々普段気にすることはありませんが、長く住んでいる住宅であれば一度排水管のチェックを専門の業者にしてもらうのが最適です。最近は排水管更生と呼ばれる工法が登場しており、排水管を取り替えずに蘇らせる技術が登場しています。パイプライニングとも呼ばれるこの工法ですが、専門の業者で対応していますので、自分の住んでいる地域の業者に依頼して、排水管更生の工事をお願いするのが最適です。一度工事をしてしまえば10年以上は問題なく使えるため、コストの面でも安心です。基本的な知識に関してはインターネット上にも掲載されていますので、自宅のパソコンからアクセスして、排水管更生について勉強してください。何かトラブルが起こる前に対応しないと無駄にお金がかかりますので、早急に業者と連絡を取ってチェックしてもらいましょう。

排水管更生でコストを抑えましょう

排水管が劣化すると交換する必要がありますが、排水管の交換には多額の費用がかかります。そこで最近注目されているのが排水管更生と呼ばれる工法です。排水管を交換するのではなく、現在の排水管を蘇らせる工法のためコストも抑えられて非常にオススメです。実際に専門業者で排水管更生について詳しい情報を公開していますので、自宅のパソコンを利用してホームページをチェックしてみてください。排水管の老朽化をそのままにしておくと、穴があいて漏水してしまったり、錆の影響で赤水が発生するケースもあります。特に集合住宅を管理している方などは、住民に影響が出る場合もあるため、問題が起こる前に工事を依頼して排水管のトラブルを避けることが重要になります。各業者によって費用も異なりますので、まずは複数の業者に見積もりを依頼して、少しでも安く対応してくれる業者を選びましょう。

排水管更生ってどんな事?

排水管更生と聞いて、取り換えかと思う方は多いでしょう。でも、実は違います。簡単にお話しすると、老朽化した配管を完全に取り換えることは「更新」と呼ばれています。これに対して「更生」とは、古い配管に手を加えて寿命を延ばすことを指し、一から配管を取り換える予算がない、建物の美観を崩したくないといった事情で実施されることが多いです。更生工事は主に二つの方法に分かれます。一つは「ライニング工法」と呼ばれ、古い配管を高圧洗浄した後、樹脂コーティング・樹脂塗料を施して漏水を防ぐ工法です。もう一つは「製管工法」と呼ばれ、古い管の中に新しい管を通し、管と管の間に裏込材を充填します。後者はマンションやビル等複雑な配管にも適応でき、工期が短くて済むのが特長です。ただし「ライニング工法」「製管工法」のいずれも耐用年数は10年と短く、古い配管をベースとしていることから衛生面の問題も懸念されます。工事の際には予算だけでなく、建物寿命も考えて、相応しい工法を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です