スイングポップを発注するときに気をつけたいことなど

立体的な広告でぱっと注目されやすいスイングポップですが、製作してくれる業者も増えているので、お店などでもよく見かけるようになりました。もしも自分が作ろうと思った時に注意したい点が幾つかあります。印刷するための元になるデータは、自分で製作することになりますので、何はなくとも利用する業者の製作ガイドには必ず目を通しておきましょう。何度か作っていても、細かい部分が違う事もありますし、使っているソフトやファイル形式などが事細かに決まっている事が殆どだからです。また、綺麗に作ってもらえるように印刷部分のテンプレートが用意されているので、使うように指示があれば必ずそれを使ってデータを作りましょう。その上で、色味や誤字脱字がないか確認をして注文するようにしましょう。

たくさん作るかそれとも少量でいいのか

スイングポップを使うような商品やサービスがどれぐらいあるのか、発注する前にはどれ位必要になりそうか考えてみましょう。セールや割引、新商品というようなシンプルに文字だけ、商品やサービスを問わず使えるような内容であれば、まとめて大量に作っておいて、汚れたりした時に取り替えられるようにしておくと便利です。けれども、期間限定の商品や、一つのものだけを説明したりアピールしたいときには繰り返し使うということがないでしょうから、その場合にはなるべく少量での印刷が可能かどうかを予め確認しておくと良いでしょう。いろんなタイプがありますが、少量だとやや単価が高くなるぐらいでそれほど極端に印刷料金が跳ね上がるという事はないので、少ない量でも上手に活用してみて下さい。

使う場所に合わせて使いこなしたい

スイングポップでよく見かけるのは、紙やプラスチックでできていてアーム部分を取り付けるタイプです。定番の形なので殆どがこのタイプでの注文になりますが、珍しいものであればテグスやワイヤーなどを使ったタイプを取り扱っている業者もあります。どのタイプでも立体的で揺れるという最大の特徴は変わりませんので、もしも製作が可能であれば、商品に合わせていろんなものを使い分けていくといいでしょう。ただ単に印刷するだけでなく、オリジナルの形でより目を引きたい時にも依頼をすれば対応してくれる場合もありますので、バリエーション豊かに販促効果を生み出す事ができます。もちろん、自分たちで印刷データを作るのが難しい時には、プロに依頼をすることもできますので、状況に応じて素敵なスイングポップでアピールをしていって下さい。