販促ツールのスイングポップとはどんな物かをまず解説します

スイングポップというのは、POPという手書き広告を揺れるプラスチック製の土台の上などに、張り付けて動くようにして動けるようにした広告です。普通のPOPは固定されていて動かないのですが、スイングするように動けるようになっているので、このように呼ばれるようになりました。動きがあることで、人目に広告が付きやすくなり、注目を浴びやすくなる効果が期待されるものです。POP自体にもかなりの宣伝効果を期待することができますが、動くということで、人の本能に働きかけて注目させることが出来るようになっているのが特徴です。ただ、動くので細かい文字を見せるようなことはほとんどなく、絵やデザインで興味をまずひかせるということを考えた広告戦略ということがいえるでしょう。

動くものを見るという人の本能を考えた広告戦略

スイングポップは人が動くものを見ると、それを注目して見てしまうという本能に働きかけている広告戦略ということがいえます。動くものを見るのは人の本能によるもので、これは興味のあるなしに関わらず、全ての人に対して有効です。広告はまず見てもらうことでその意義を持つことになりますから、これによってまず広告の一番大切な人の注目を集めることが出来るというのが、このスイングポップの大きな意義です。POPはかなり人の興味や関心をひきやすいことは、これまでの成果で知られるようになっていますが、そのPOPで人の注目を集められるように考えられたのが、この方法ということになるのでしょう。とても効果的な方法ですから、まずは人目をひきたいというお店の入り口や目玉商品などのところによく使われるようになっています。

これまでの固定のPOPと合わせて使うのが効果的

このスイングポップは動いているので、細かい文字などを見せるには不向きな方法となっています。そのため、この広告で注目を集めて、付近に固定のPOPを置いてそこで細かい情報を伝えるようにするのが効果的な広告戦略です。一つの広告で全てをするのではなく、用途に応じた使い方をすることで、よりお客さんに好意を持ってもらうことも可能となるということです。POP自体はデザイン的にも優れていて、絵として使っても文章として使っても好意的にみられることが多いので、こうした使い方も効果的になるということです。特にPOPの手書き感覚は独自性を出すには最適ですし、アナログ感が見た人に好印象を与えることが出来やすい広告となってきます。ありきたりの広告ではないオリジナリティが出せるのがこの広告方法の魅力といえるでしょう。

製品サンプルの無料お届けが可能です。 お客様同士のご紹介で、新たにご利用くださるお客様もたくさんいらっしゃいます。 お客様のあらゆるご相談にお答えする高い柔軟性! 多くのお客様から、「速い」「親切」「便利」とのご好評をいただいております。 「スタンドPOP・レギュラー」は、シンプルで使いやすい、自立型のPOPシートです。 オリジナルPOPで競合商品との差別化にも効果を発揮します。 販促モアがイチ押しお勧めするスイングポップ!